MENU

正しい風呂の入り方をマスターして女性ホルモンバランスを整える

「お風呂に入る」といっても様々な方法があるかと思いますが、正しいお風呂の入り方を行うと、様々な嬉しい効果が期待出来ます。
例えば、美容の大敵である冷えの改善や、自律神経が整い、女性ホルモンの分泌が活性化される、肌が綺麗になるなどです。また、女性ホルモンが活性化されるとバストアップにも効果が出やすくなるでしょう。
では正しくお風呂に入るコツを紹介していきます。

 

・お風呂に入る前は水分を取りましょう。常温のお水コップ一杯分のお水を飲みましょう。
・肌の弱い方は、湯船のカルキ抜きをしましょう。カルキ抜きの方法は、アスコルビン酸を40グラム程度お湯に溶かすだけで大丈夫です。
・冬場は特に、脱衣所、浴室を暖めてから入りましょう。

 

お湯の温度は平均40度がベストリラックス出来、冷えも改善出来ます。
あまりに熱いお湯は、血圧が上昇し、交換神経を刺激しリラックス効果が失われます。また、体温を平常に戻そうとする体の仕組みにより、体力も奪われます。
40度のお湯に2?30分入る事が一番リラックス出来、効果も高いでしょう。
入浴方法としては、半身浴で、手をなるべく浴槽につけないこと。体が冷えていると感じる様であれば、浴室の温度をあげる、暖かいタオルを肩にかけるなどの工夫が必要です。

 

入浴時のリラックス効果をより高める方法として、入浴剤・アロマ・キャンドルなどを使用するのも良いでしょう。好きな香りのものを使用するだけで、入浴も楽しくなります。また、塩や重層は入浴剤の代用としても使用出来、体を温める効果があるといわれています。

 

入浴後は、入浴前と同様水分補給をしましょう。その際も、冷たい水ではなく常温の水をコップ一杯程度が目安です。また、ホットミルクなどの温かい飲み物で睡眠を誘導してあげることも良いでしょう。

 

関連ページ

お風呂で出来るバストアップ法!
お風呂で簡単にできるバストアップ方法を紹介しましょう。わずか数分のバストアップ法を毎日すれば効果はしっかりと出てきます。